海外ローミング接続設定
Windows Macintosh
Windows95/98 MacOS9


Windows95/98

文中の例では、ユーザIDが"hanako@ha"として説明しております。
Bekkoameでは、"hanako"の部分をユーザ名,"ha"の部分をサブドメインとよびます


1) Bekkoameに接続するための電話番号、サ−バ−アドレスを再設定します。


● デスクトップのマイコンピュ−タ−を開いて、 ダイヤルアップネットワ−クのアイコンを開く。

● ダイヤルアップネットワ−クの中のBekkoameの接続先の接続用のアイコンを マウスの右ボタンで1回クリックして、ファイルメニュ−からプロパティを選択。


2)新しい画面がでてきます。


● Bekkoameの海外ローミングアクセスポイントの電話番号を入力します。

● 国番号と市外局番を使う(S)のチェックをはずします。


OKボタンをクリックしてください。


3)新規アクセスポイントに接続するとき。


● デスクトップのマイコンピュ−タ−を開いて、ダイヤルアップネットワ−クの
アイコンを開いて下さい。

● ダイヤルアップネットワ−クの中のBekkoame接続用のアイコンを
ダブルクリックして下さい。


4)接続のウインドウがでてきます。

・「ユーザー名(U):」
[海外ローミング利用時のログインユーザ名]を入力 。

例)hanako@ha.bekkoame.net

海外ローミング利用時のログインユーザ名には○○@△△.bekkoame.net(例:hanako@ha.bekkoame.ne.jp)が入ります。
ただし、@星座名や@pppのドメインの方は省略したものを入力してください。
(例:hanako@bekkoame.net)

・「パスワード(P):」
お客様がいつもご使用になっている[パスワード]を入力。


ユ−ザ−名,パスワ−ド,電話番号が、
それぞれ正しく入力されている事を確認し、接続ボタンを押して下さい。

以上で海外ローミングアクセスポイントに関する設定変更は完了となります。


TOP▲

MacOS9
以下に海外ローミングアクセスポイントに伴う変更箇所のみを明記します。

文中の例では、ユーザIDが"taro@ha"として説明しております。
Bekkoameでは、"taro"の部分をユーザ名,"ha"の部分をサブドメインとよびます


OpenTransport/PPP(リモートアクセス)について

● 「アップルメニュー」の「コントロールパネル」から「OpenTransport/PPP(リモートアクセス)」を選び、以下のように設定します。




ユーザーID(名前)
  • 星座ドメイン→ユーザ名@bekkoame.net
  • iドメイン→ユーザ名@i.bekkoame.net
  • roドメイン→ユーザ名@ro.bekkoame.net
  • haドメイン→ユーザ名@ha.bekkoame.net
電話番号 海外ローミング先のアクセスポイントを設定します。


● MacOS8.5以上をお使いのお客様で、「DialAssist使用」のチェックボックスに
   チェックが入っている場合には、 チェックをはずしてください。

● クローズボックスで閉じ設定を保存します。


TOP▲



困ったときには・・・
お問い合せの前にFAQをご覧になってください。
FAQ(接続設定)  
お問い合せ先 (事務手続・接続設定)