WindowsXP(フレッツ・ADSL、フレッツ光)の接続設定
2002年12月20日より、NTT東日本で配布される「フレッツ接続ツール」はWindowsXPでも
ご利用可能となりました。以下はWindowsXPのPPPoE接続を利用して接続する設定方法となります。

  1. スタートボタンをクリックし、コントロールパネルを選択します。
    ※スタートメニューの表示をクラシック[スタート]メニューにしている場合は、
    スタートボタンをクリックし「設定」→「コントロールパネル」を選択します。   





  2. コントロールパネルの中の「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。
    ※この表示状態は「カテゴリの表示」です。 クラシック表示の場合は
    「カテゴリの表示に切り替える」をクリックして、表示状態を切り替えてください。





  3. 「インターネット接続のセットアップや変更を行う」 をクリックします。
    ※画面下部にある「ネットワーク接続」→「新しい接続を作成する」を選択すると、5にある
    「新しい接続ウィザード」が開始されます。 (どちらの方法でも設定可能です)





  4. インターネットのプロパティ画面(接続タブ)が開きます。「セットアップ」をクリックしてください。





  5. 「新しい接続ウィザードの開始」が表示されます。次へをクリックします。





  6. 一番上の「インターネットに接続する(C)」を選択し、次へをクリックします。





  7. 「接続を手動でセットアップする(M)」を選択し、次へをクリックします。





  8. 「ユーザ名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する(U)」を選択し次へをクリックします。





  9. 「ISP名(A)」にお客様任意の名前をと入力し、次へをクリックします。
      




  10. インターネットアカウント情報の画面では以下のように設定します。

     ・ユーザー名:
      ADSLのお客様 → ログインID@ad.bekkoame.ne.jp  (例:a123456789@ad.bekkoame.ne.jp)
      フレッツ光のお客様 → ログインID@fa.bekkoame.ne.jp  (例:a123456789@fa.bekkoame.ne.jp)
     ・パスワード:お客様のログインパスワード
     ・パスワードの保存:チェックします

    「この接続を既定のインターネット接続とする(M)」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

      



  11. 完了ボタンをクリックします。





  12. ネットワークとインターネット接続の画面に戻りますので「インターネット接続や変更を行う」をクリックします。





  13. インターネットのプロパティ画面の接続タブが開きます。
    「通常の接続でダイヤルする」にチェックし、「適用」をクリックしてから「OK」をクリックします。
    この例では「Bekkoame(既定)」になっています。   





  14. 「スタート」ボタンをクリックし「接続」の中の「Bekkoame」をクリックします。
    表示された画面の「プロパティ」ボタンをクリックします。





  15. 「ネットワーク」タブをクリックし
  16. 「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択します。
    「プロパティ」ボタンをクリックします。




  17. 「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のプロパティ画面が表示されます。

     ・「IPアドレスを自動的に取得する(O)」にチェックします。
     ・「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する(B)」にチェックします。
     
    設定が完了したら、「OK」ボタンをクリックし、Bekkoameへの接続画面も「OK」をクリックし
    画面を閉じます。




  18. InternetExplorerを起動すると、ダイヤルアップ接続画面が表示されますので「接続」をクリックします。




  19. 接続完了後には、画面右下に「Bekkoameに接続しました」との表示がされます。

 

困ったときには・・・
お問い合せの前にFAQをご覧になってください。
FAQ(接続設定)  
お問い合せ先 (事務手続・接続設定)
法人向けサービス
ドメイン
専用サーバー
VPN
レンタルサーバー

Copyright (C) GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.