送信制限対処法・PostinoClassic1.5

PostinoClassic1.5 にもとづいて説明しています。


文中の例では、ユーザIDが"hanako@ha.bekkaome.ne.jp"として説明しております。
Bekkoameでは、"hanako"の部分をユーザ名、"ha"の部分をサブドメインとよびます。
また、例では "hanako@ha.bekkoame.ne.jp" より "taro@ha.bekkoame.ne.jp" 宛てにメールを出した状況を例としています。

  • 送信制限にかかった場合、以下のようなエラーが表示されます。


    1、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じた後、「受信」ボタンをおして下さい。

    2、メールの受信が完了しましたら、「送信」ボタンを押してメールを送信して下さい。

    ・ 次回からは、メール受信の操作を先に行ってからメールを送信して下さい。



    PostinoClassic1.5は、株式会社システム・クリニックの登録商標です。


  • 困ったときには・・・
    お問い合せの前にFAQをご覧になってください。
    FAQ(接続設定)  
    お問い合せ先 (事務手続・接続設定)